陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

ヒラメちゃんの塩センベのこと(3)〜まとめ〜

大好きな漫画&アニメ「じゃりン子チエ」に出てくる「塩センベ」に関する、私なりのまとめです。 主原料:小麦粉、塩。(醤油、重曹なども使っているかもしれない。) 形:南部せんべいと同じ形。(「耳」がない後継品があるかもしれない。) 食感:南部せん…

ヒラメちゃんの塩センベのこと(2)

じゃりン子チエ 全47巻 完結セット (文庫版) 【コミックセット】作者: はるき悦巳メディア: コミックこの商品を含むブログを見るTV放送開始30周年記念 じゃりン子チエ SPECIAL BOX(セット数予定) [DVD]出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2011/12/14メ…

ヒラメちゃんの塩センベのこと(1)

じゃりン子チエ 全47巻 完結セット (文庫版) 【コミックセット】作者: はるき悦巳メディア: コミックこの商品を含むブログを見るTV放送開始30周年記念 じゃりン子チエ SPECIAL BOX(セット数予定) [DVD]出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2011/12/14メ…

日本とロシアの、才能に対する考え方の違い

ふと、ある小説のこんな一節を思い出しました。 「西側に来て一番辛かったこと、ああこれだけはロシアのほうが優れていると切実に思ったことがあるの。それはね、才能に対する考え方の違い。西側では才能は個人の持ち物なのよ、ロシアでは皆の宝なのに。だか…

アニメ「じゃりン子チエ」の主題歌の小さな不思議

じゃりン子チエ 全47巻 完結セット (文庫版) 【コミックセット】作者: はるき悦巳メディア: コミックこの商品を含むブログを見るTV放送開始30周年記念 じゃりン子チエ SPECIAL BOX(セット数予定) [DVD]出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2011/12/14メ…

「オレンジと太陽」(2011、イギリス)

オレンジと太陽 [DVD]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/03/29メディア: DVDこの商品を含むブログを見るからのゆりかご―大英帝国の迷い子たち作者: マーガレットハンフリーズ,Margaret Humphreys,都留信夫,都留敬子出版社/メーカー: 近代文藝社発売日: …

「うまれざる花」(詩集「蛇の花嫁」より)

大手 拓次「蛇の花嫁」(青空文庫) 詩はあまり読んだことがありませんが、青空文庫で偶々みつけて、素敵だなと思いました。時々思い返したいような感じです。 うまれざる花を われは抱けり こころ しぐれのなかに にほひをおぼゆ この作家さんを全く知らな…

「あなたを抱きしめる日まで」(2013、イギリス)

あなたを抱きしめる日まで [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2014/10/02メディア: DVDこの商品を含むブログ (14件) を見る若くして未婚の母になってしまったアイルランド女性フィロミーナが、出産後すぐ養子に出されてしまった息子の行方を探し…

「じゃりン子チエ」

じゃりン子チエ 全47巻 完結セット (文庫版) 【コミックセット】作者: はるき悦巳メディア: コミックこの商品を含むブログを見るTV放送開始30周年記念 じゃりン子チエ SPECIAL BOX(セット数予定) [DVD]出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2011/12/14メ…

「スプートニクの恋人」

スプートニクの恋人 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/04/13メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 67回この商品を含むブログ (371件) を見る村上春樹氏の「スプートニクの恋人」をはじめて読みました。 主な登場人物は、次の3人…

「風の歌を聴け」、「1973年のピンボール」

風の歌を聴け (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/15メディア: 文庫購入: 43人 クリック: 461回この商品を含むブログ (465件) を見る村上春樹氏の処女作「風の歌を聴け」の読書メモです。 小指のない女の子…鼠の彼女。妊娠し…

「羊をめぐる冒険」

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/11/15メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 74回この商品を含むブログ (333件) を見る羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004…

「ノルウェイの森」

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/15メディア: ペーパーバック購入: 31人 クリック: 899回この商品を含むブログ (773件) を見るノルウェイの森 下 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発…

「海辺のカフカ」

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/02/28メディア: 文庫購入: 21人 クリック: 1,037回この商品を含むブログ (963件) を見る海辺のカフカ (下) (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/0…

「桜の枝」

桜の枝―ソ連の鏡に映った日本人作者: フセヴォロド・オフチンニコフ,早川徹出版社/メーカー: サイマル出版会発売日: 1983/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る外国の方が日本のことを書いた本は、ルース・ベネディクト氏の「菊と刀」が有名です。…

「或る風潮について」

岸田國士「或る風潮について」(青空文庫) 日本人が日本人に向つて日本のことを褒めて話すといふ風潮が近頃目立つやうであるが、これは現在の日本に於いてはたしかにその必要があるからだと思ふけれども、そこにちよつと微妙な呼吸があつて、それほど変でな…

「戦争責任者の問題」

伊丹万作「戦争責任者の問題」(青空文庫) 昭和21年に書かれた文章です。下に引用するとおり、戦争の責任は、軍の上層部だけにあるのではないことを、国民全体が認識しなければならないと主張しています。 つまりだますものだけでは戦争は起らない。だます…

「神神の微笑」

芥川竜之介「神神の微笑」(青空文庫) 身近な自然の至る所に神様が住んでいるという、日本人の宗教観が分かりやすく書かれています。 ただ、ここに書ききれていないと思うのは、自分の身に危険が迫って切羽詰まった時の拠り所です。苦しいときの神頼みと言…

「放射線像」

放射線像 放射能を可視化する作者: 森敏,加賀谷雅道出版社/メーカー: 皓星社発売日: 2015/02/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る(目次をここでみることができます。同じサイトに、内容の一部が公開されているようです。) 百聞は一見に如…

「昔むかし」

知久寿焼さんの「昔むかし」は、DVD(「たまははき居酒屋ライヴ最終回実況盤」)にはいっているバージョンが好きで、もう何回聴いたか分かりません。 「昔むかし」は、どんとさんの曲のカバーで、もともとは知久さんの曲ではないのです。その、世界観がちょ…

「端午節」

阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)作者: 魯迅,竹内好出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1981/02メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 56回この商品を含むブログ (56件) を見る魯迅「端午節」(青空文庫) 『大差ない』(井上紅梅訳)、『似たり寄っ…

「オリンピックに奪われた命」

オリンピックに奪われた命―円谷幸吉、三十年目の新証言 (小学館文庫)作者: 橋本克彦出版社/メーカー: 小学館発売日: 1999/05メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 85回この商品を含むブログ (24件) を見るスポーツには、観客の結束や士気を高める効果がありま…

「狂人日記」、「阿Q正伝」

阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)作者: 魯迅,竹内好出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1981/02メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 56回この商品を含むブログ (56件) を見る魯迅「狂人日記」(青空文庫) 魯迅「阿Q正伝」(青空文庫) 魯迅「「吶…

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04/12メディア: ハードカバー クリック: 3,074回この商品を含むブログ (338件) を見る村上春樹氏の作品は、何だか巧妙なだまし絵のようです。魅力的な表のス…

「季節のない街」

季節のない街 (新潮文庫)作者: 山本周五郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1970/03/18メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 22回この商品を含むブログ (30件) を見る山本周五郎氏の「季節のない街」は、映画「どですかでん」の原作だったことが読むきっかけで…

「季節のない街」と「どですかでん」

季節のない街 (新潮文庫)作者: 山本周五郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1970/03/18メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 22回この商品を含むブログ (30件) を見る山本周五郎氏の「季節のない街」は、黒澤明監督の映画「どですかでん」の原作としてよく知ら…

ティツィアーノ・スカルパ「スターバト・マーテル」

スターバト・マーテル作者: ティツィアーノスカルパ,中山エツコ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2011/09/14メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (3件) を見る「スターバト・マーテル」はラテン語で、母は立っていた、という意味だそう…

「日本人とは?」

岸田國士「日本人とは?」(青空文庫) 現在のこの未曾有の事態に処して、われわれはまだ政治といふものを、いくぶん人ごとのやうに考へてゐる。(略)なにがどうなつても、それは日本の政治をこれ以上わるくもしなければよくもしない、と高をくゝつてゐる。…

「夜長姫と耳男」

坂口安吾「夜長姫と耳男」(青空文庫)「桜の森の〜」の美しく恐ろしい女房は『鬼』でしたが、こちらの夜長姫は、残酷な神のように感じました。彼女の無邪気な残酷さは、アイヌの昔話「風の神とオキクルミ」に登場する風の神ピカタカムイに似ています。この…

かぐや姫の『罪』について

映画「かぐや姫の物語」(2013、日本)を見て、原作「竹取物語」では、かぐや姫の『罪』をどう書いているのか興味をもちました。 ところが、どうやら、詳しくは書かれていないようです。月の使者の口上を引用します。 「かぐや姫は、罪をつくり給へりければ…

「桜の森の満開の下」

坂口安吾「桜の森の満開の下」(青空文庫)この小説の何に惹きつけられたのか、自分でもよく分かりません。 桜を美しいと言うのは最近のことで、大昔の人は桜を恐れていたと、最初の方で述べられていましたが、何か関係があるような気がします。 怖いものが…

「野ばら」

小川未明「野ばら」(青空文庫)教科書に載っていたお話のなかで、なぜか一番思い出深いのが「野ばら」です。 『いたって…ありました。』という文が印象的でした。 今読みなおすと、とても懐かしいです。

「信濃桜の話」

柳田国男「信濃桜の話」(青空文庫)しだれ桜のルーツは信州にあり、そのため信濃桜と呼ばれ、昔の人が、枝の垂れた形の木に霊性を感じて信仰と結びついたことで全国に広く分布したのではないか…という仮説が述べられています。 著者がどうしてこんなことを…

「怒りの葡萄」

怒りの葡萄 (上巻) (新潮文庫)作者: スタインベック,大久保康雄出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1967/05/15メディア: ペーパーバック購入: 3人 クリック: 46回この商品を含むブログ (30件) を見る怒りの葡萄 (下巻) (新潮文庫)作者: スタインベック,大久保康…

堀辰雄「芥川竜之介論」

堀辰雄「芥川竜之介論」(青空文庫)青空文庫で、作品の解説を伴った作家論を見つけました。大変情熱的で、心打たれるものでした。この中で紹介されていた代表作をこれから読んでいこうと思います。

「琴のそら音」

夏目漱石「琴のそら音」(青空文庫)友人と話しているうちに、インフルエンザに罹った婚約者の病状が急に不安になり、そのためにいろいろな身の回りの出来事が何となく不吉に思えて眠れない一夜を過ごす…という話です。 明治の学士さんの雰囲気や当時の生活…

「歯車」

芥川龍之介「歯車」(青空文庫)作中に「河童」を執筆する場面があります。「河童」は大変な苦しみのなかで生まれた小説だったようです。 「歯車」の主人公は暗合に取りつかれています。このような状況に陥らないためには、早めの休養と、心からゆっくりでき…

「河童」

芥川龍之介「河童」(青空文庫)ふと思い出して再読しました。 「ガリヴァー旅行記」のような風刺小説ということですが、私には、"風刺"という言葉がもつ対象との距離感があまり感じられませんでした。それよりも、作者にとっての現実がそのまま描かれている…

「ラファエル・ナダル自伝」

ラファエル・ナダル 自伝作者: ラファエル・ナダル,ジョン・カーリン,渡邊玲子出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2011/09/30メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (12件) を見る生き生きとした迫力が伝わってきて、映画を見るように最後…

「バナナフィッシュにうってつけの日」再・再考

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)作者: サリンジャー,野崎孝出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1974/12/24メディア: 文庫購入: 14人 クリック: 112回この商品を含むブログ (254件) を見るJ.D.サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」は、舞台装置…

「バナナフィッシュにうってつけの日」再考

J.D.サリンジャーの小説「バナナフィッシュにうってつけの日」は、学生の頃初めて読んでから、衝撃的なラストが強く印象に残っていました。サリンジャーの小説をいくつか読み返して気づきましたが、彼は、女性の"脚"に相当思い入れがあるようです。その作者…

「北京から来た男」

北京から来た男 上作者: ヘニング・マンケル,柳沢由実子出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2014/07/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (8件) を見る北京から来た男 下作者: ヘニング・マンケル,柳沢由実子出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2014/0…

「隣の国で考えたこと」

なぜ、日本人は韓国人が嫌いなのか。―隣の国で考えたこと (WAC BUNKO)作者: 岡崎久彦出版社/メーカー: ワック発売日: 2006/11メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る隣国のドラマを毎日テレビで見られる時代になりました。現代ドラマはあ…

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)作者: 米原万里出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: 2004/06/25メディア: 文庫購入: 27人 クリック: 141回この商品を含むブログ (189件) を見る日本にはアメリカン・スクールがありますが、同じように、旧ソ連の衛…

毎日作りたいお菓子の本♪

まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本作者: なかしましほ出版社/メーカー: 主婦と生活社発売日: 2008/10メディア: ムック購入: 5人 クリック: 131回この商品を含むブログ (38件) を見るお菓子作りは大の苦手でした。 レシピとにらめっこして…

「戦下のレシピ」

戦下のレシピ―太平洋戦争下の食を知る (岩波アクティブ新書)作者: 斎藤美奈子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2002/08/09メディア: 新書購入: 5人 クリック: 39回この商品を含むブログ (52件) を見る戦時中の悲惨な食糧事情の話は折に触れて耳にする機会が…

「我が父サリンジャー」

我が父サリンジャー作者: マーガレット・A.サリンジャー,Margaret A. Salinger,亀井よし子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/04メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (3件) を見るJ.D.サリンジャーの娘さんが、父親としての同氏と家族につ…

「ライ麦畑でつかまえて」

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)作者: J.D.サリンジャー,J.D. Salinger,村上春樹出版社/メーカー: 白水社発売日: 2006/04メディア: 新書購入: 11人 クリック: 73回この商品を含むブログ (189件) を見る久々に読み返しています…

「Looking for Mr. Smith」

Looking for Mr. Smith: A Quest for the Truth Behind the Long Walk, the Greatest Survival Story Ever Told作者: Linda Willis出版社/メーカー: Skyhorse Publishing発売日: 2014/02/18メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る「脱出…

「脱出記 -シベリアからインドまで歩いた男たち」

脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち作者: スラヴォミールラウイッツ,Slavomir Rawicz,海津正彦出版社/メーカー: ソニーマガジンズ発売日: 2005/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (15件) を見る本書は、ポーランド軍兵…