陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

「歴史と視点」

歴史と視点―私の雑記帖 (新潮文庫)

歴史と視点―私の雑記帖 (新潮文庫)

司馬遼太郎さんの「歴史と視点」には、太平洋戦争で戦車兵として従軍していた頃の実体験が書かれています。
皮肉がたっぷりきいていて、不謹慎ですが、非常に面白く、司馬氏の著作のなかで一番好きな一冊です。
当時の末期的状況は、平和な時代から振り返ると、非現実的な劇画のようです。これが再度現実になり、異常な状況を笑えない時代には、もう、なってほしくないと思います。