陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

女の子がヒキガエルの皮をかぶるお話

母が読んでくれた本は、タイトルを覚えていませんが、昔話集のような感じで、沢山お話が入っていました。
いちばん印象深かったのは、女の子が山道をひとりで歩くので、ヒキガエルの皮をかぶって老婆に変身するというお話です。

どうして変身しないといけないのか、どうしてヒキガエルの皮なのか、どうして、それでおばあさんになれるのか…、
子供心に不思議なことばかりで、今でも覚えています。

小学校の前半くらいまで、寝る前に本を読んでもらった記憶があります。
私は、得意なことの少ない、成長の遅い(おそらく育てづらい)子供でしたが、一人遊びが好きだったこともあって、
なぜか、字を読むのだけは少しだけ得意で、本は小さなころからいろいろ読みました。
でも、母に読んでもらうのは、自分で読むのとは別の楽しさや嬉しさがあって、忘れられない思い出です。

後年になって、母は、嫌々早口で読んでいたと、自分で言っていましたが、
それでも、読んでもらえるだけで、嬉しかったものです。