陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

迷信と信仰

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)

初版金枝篇(下)   ちくま学芸文庫 フ 18-2

初版金枝篇(下) ちくま学芸文庫 フ 18-2

今では迷信と言われるような、昔からの信仰は世界中にあるようです。
なぜ、そんな信仰が生まれたのか、想像もつきませんでしたが…、
この本には、その成立過程がとても分かりやすく書いてあります。

情報量が多くて、全部は読み通せていませんが、
時々手にとって、開いた部分を読むと、いろいろな想像が膨らみます。

たとえば、少女が女性になるときに、太陽から隠すという習俗があちこちにあるそうです。
日本の例は、残念ながらありませんでしたが、なんとなく、天岩戸のお話を思い出しました。