陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

ヒラメちゃんの塩センベの正体?

テレビ

*このブログ内の関連記事

漫画「じゃりン子チエ」に出てくる謎のお菓子、塩せんべい。

東北の「南部せんべい」同様、丸くて、フチにギザギザが付いています。

結局、実物にはまだ遭遇していないのですが…、

私は、これは今でも売られている「ポンせんべい」の古いバージョンなのかも?と、密かに考えています。

 

ポンせんべいは、「満月ポン」の松岡製菓さんによれば、昭和33年(1958年)に商品化されたそうです

 

ポンせんべいは、小麦粉を、おせんべいの型に密閉して、圧力をかけて空気を含ませて焼き、醤油味をつけたものです。密閉するので、南部せんべいのようなギザギザ部分はなく、まんまるな形をしています。

でも、ポンせんべいが考案される前は、圧力をかけない、南部せんべい方式で焼いていたのでは?

つまり、醤油味の南部せんべいが、ヒラメちゃんの塩センベの正体なのでは?

と、思うのです。

 

ちなみに、なぜ塩味でないかというと…、

関西は昔は瓦せんべいのような甘いおせんべいが主流で、それに対して、関東発の醤油味のおせんべいを、塩せんべいと呼んで区別していたらしいので。

 

ところで、漫画「じゃりン子チエ」の連載開始は、Wikipediaによれば昭和53年(1978年)です。

ポンせんべい登場から20年経っていますが、この頃にはまだ、ヒラメちゃんの塩センベが残っていたのでしょうか。