陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

片目 の検索結果:

水神への生贄?

…小僧」) 柳田氏は、片目伝説を、田の神へ生贄を捧げていた名残と考えていたようです。 ちょっとびっくりするような話ですが、人柱や持衰も考えてみれば水の神に捧げていたわけだし…もしかしたら、そんなこともあったのかも…という気もしました。 一目小僧その他<柳田国男コレクション> (角川ソフィア文庫) 作者: 柳田国男,小松和彦 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川学芸出版 発売日: 2013/02/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る …

片目の伝説 再考

…を手にとって開くと、片目の魚のお話が載っていました。 片目の魚の伝説とは… ある池・沼などに住む魚がおかしなことに皆片目だといい、それにまつわるさまざまな因縁が語られます。たとえば、片目を矢で射ぬかれた武将がその池で目を洗って以降、魚が片目になった…など。 片目の伝説って、なぜこんなに、あちこちに、沢山あるのでしょう? 私の郷里には、片目の神様の伝説があるので、ちょっと気になってしまいます。 片目の神さまの伝説とは… 神さまがある地方へ出かけた折、ある特定の(ウド、胡麻、竹な…

鬼の伝説

…ようです。 それに、片目伝説や、かつて星祠と呼ばれた神社もあります。でも、そのあたりが鉱山だったという話や、鬼の子孫に関する話題は、きいたことがありません。知らないだけかもしれませんが…、少なくとも、地名辞典等には全く出てきません。徳川時代の記録では、触れられていないようです。江戸期に入る前に、移住者がかなりあったようなので、住民が入れ替わってしまったのかもしれません。詳しくは分かりませんが、古代から中世にかけては、鉱山やタタラ場があったけれど、すっかり廃れてしまったのかな……

片目伝説・追記

…のブログの関連記事 片目の神さま(植物禁忌)や、片目の魚の伝説が、鍛冶の神さま&鉱毒に関係しているなら、"特定の魚(鰻など)を食べない" という言い伝えは、どうなのかな?と思って、試しに、目についた例を調べてみました。すると、言い伝えそのものの中には、鍛冶の "か" の字もなく、「村社にまつられている神さまの使いだから食べない」とされていました。 ところが、その神社のすぐそばに「鍛冶」の名のつく地名があり、また、言い伝えのバリエーションとして、「食べると片目になる」「うっかり…

片目伝説

…のブログの関連記事 片目伝説は日本全国にあり、片目の "魚" が出てくるものと、片目の "神さま" が登場するものに大別されます。柳田国男「日本の伝説(青空文庫)」にも沢山収録されています。片目の魚の伝説は、ある池・沼などに住む魚がおかしなことに皆片目だといい、それにまつわるさまざまな因縁が語られます。一方、片目の神さまの伝説は、神さまがある地方へ出かけた折、ある特定の(ウド、胡麻、竹など)植物で目を傷めたので、それからその地方にはその植物が生えなくなったという、何とも不思議…