陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

星の昔話のこと

「昔話へのご招待」は、毎週楽しみに聴いているラジオです♪ (前にもこのブログに書きました。)podcastでも聴くことができるので、とても便利です。

2月27日放送分『インドネシアの昔話3(「7人の仲間が星になった話」)』をきいて、思い出したことがあります。
以前、オーストラリアの映画「ラスト・ライド〜最後の旅立ち〜」(2009年)を見ていたら、主人公の父と息子の会話の中に、似たような話が出てきたのです。以下に、引用します。

父:あそこに6つの星が集まってるだろ?
子:うん
父:アボリジニは7つあったと考えていて「7人の姉妹」と呼んだ
子:1人はどこへ?
父:地上に舞い下りたんだ
子:エイリアンみたい
父:いや 違うよ 母親みたいな感じだ アボリジニの言い伝えさ

ラジオでは、インドネシアの『7人の仲間が星になった話』と、沖縄の『七つ星』を比較していましたが、このアボリジニの話は、どちらかというと沖縄の話に似ています。地理的には遠いのに、不思議です…。これから、オセアニアの昔話も取り上げてくださるようですので、楽しみです。