陽だまり日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

山裾の闇

青空文庫で、黒島伝治「老夫婦」を読みました。

小豆島で農家を営む老夫婦が、息子夫婦と同居するために、故郷を引き払って東京に移住する短編小説です。

農家の厳しい生活と、夫婦のシビアな現実感覚がとても印象的でした。

私の家も元々は田舎のお百姓さんだったからか、読んでいると、実家に戻ったような気持ちになりました。

 

実際に昔ながらの農家で生活した経験はありませんが、子供時代に親戚の集まりで何泊か泊まったことはあります。

当時の情景で忘れられないのが、夜の闇の中で見た真っ黒な山です。

山から、黒い静寂が押し寄せてきて、何か居るというより、何かが満遍なく溶け込んでいて、自分もその中に吸い込まれそうな気がしました。こういうところに住んでいたら、物事が全然違って見えるのかな…と、子供心に感じました。