陽だまり日記

陽だまり日記

大好きな本や映画のことなど

「白夜を旅する人々」のこと

三浦哲郎さんの小説「白夜を旅する人々」を数年前に読んだことを思い出しました。

白夜を旅する人々 (新潮文庫)

白夜を旅する人々 (新潮文庫)

 

アルビノの姉妹が髪の毛を黒く染める場面がとても印象に残っています。

白いままでは共同体の中に入ることができないから……、読んでいて何ともいえない気持ちになりました。

描かれているのは昭和初期の日本ですが、考えてみれば、今でも、高校などで、地毛証明とか、茶色い髪の毛は黒染めをさせるとか、似たようなことが続いていると思います。違うものは同化させる文化(といっていいのか分かりませんが)が根付いているような気がします。

多様性の尊重ということを知識として教わっても、「郷に入れば郷に従え」みたいな昔からの考え方はまだまだ残っていて、結局ダブルスタンダードのようになってしまっているのかも…と、改めて気付かされました。

「関西弁講義」

関西弁講義という本を読みました。作者さんは関西弁を方言というより1つの独立した言語として研究しているそうです。

関西弁講義 (講談社学術文庫)

関西弁講義 (講談社学術文庫)

 

関西弁は母音が強くて、ヨーロッパの言語でいうと、イタリア語やスペイン語に響きが似ている。それに対して関東、東北、九州などの言葉は子音が強くてドイツ語や北欧語に響きが似ているというのが面白かったです!

私は東にも西にも住んだ経験がありますが、耳のほうはやや西に調律(?)されているらしく、子音の強い言葉を正確に聞き取ろうとすると難しいこともあって。母語に対する勘が働きづらくなるので、確かに外国語みたいに感じることもあります。

それで、日本の真ん中に母音の強い言語があって、端に子音の強い言語があるということは、日本語の古い言葉はどんなものだったんだろう?古いものは外側に残るというけれど…なんて思ったりしていたのですが、本書ではそれについても少し触れられていました。

アクセントに周圏論(古いものが外側に残る理論)を適用していいかどうかという問題はあるけど、子音優位な言葉がより古く、母音優位な言葉がより新しい可能性があると考える学者さんもいるみたいです。馬瀬良雄さんという方で「シンポジウム日本語5 日本語の方言」(1975年)という本に詳しい内容が収録されているとのこと。地元の図書館にあればチャレンジするのですが、残念ながら所蔵がないみたい。

でも、となると、日本語の起源説で、南から来た開音節の発音や語彙に、北から来た文法が導入されたというストーリーはどうなるのでしょう?

それから、大野晋さんのタミル語説は、日本語が開音節でタミル語が閉音節なのでそれも否定の理由になったと記憶していますが、それは一体?? 実は「日本語の源流を求めて」を読んでからずっと気になっています。

それとも、開音節があったところに、閉音節と文法が来て、さらに後に母音優位言語がやって来たとか?

謎は増えるばかりで全く収拾がつきません。

「ざぼん」「謝文旦」について

1つ前の記事に書きましたが、朱欒(ざぼん)と文旦は1つの同じ果物Citrus maximaを指します。

朱欒は中国語、ざぼんはポルトガル語(zamboa)。

文旦も中国語ですが、wikipediaによれば、中国の中でも南部の潮州語が伝わったもののようです。発音はブンタンまたはボンタン。今の台湾語でもそのように発音するようで、確かにどちらにも聞こえます

さて、上のwikipediaにあるように、日本には、中国の「謝文旦」という人が鹿児島に漂着した折にブンタンを伝えたという伝説があります。謝文旦は当時の潮州語読みでジアブンタン。一説によれば、謝文旦の名前から、日本では中が赤いのをジアブン(ざぼん)、白いのをブンタンというようになったとも。

これ、初めて見たときは、「またまた、うまいこと言っちゃって~」と思いました。文旦・文旦柚という言葉は台湾や中国に今でもあるといいますし、それなら、文旦という植物名が先にあって、「謝」は後からとってつけたんじゃない?なんて。

でも、それにしては上半分を取るとざぼんになるなんて、ずいぶんな偶然の一致です。

 

ここからは私の想像ですが、もしかしたら、ポルトガル語のzamboaが、もともとセイロン語のjamboleからきているように、謝文旦も原産地(付近)から音を写した呼び方だったのかもしれません。

例えばバングラデシュでは「jambura」というようです。これなんて、謝文旦に結構近いような気がします。

だとすると、現地では忘れられた古い名前が日本に伝説として残ったということになります。そうだったらすごいし、面白いなぁと思いました。

中「これはわが国の謝文旦、ジアボンタンっていう果物です。おいしいよ」

日「じ、ジアボ……?」(漢字でメモを取りつつ)

中「ジアボンタン、ボンタン。」

日「なるほど、ボンタン、ボンタン。」

みたいなやりとりを想像してしまいました。

ちなみに、「旦」の当時の意味は"役者"だったそうで、中国でも、文旦を人名とした伝説があるみたいです。謝文旦というのがたまたま人名っぽく見える字面だったから、親しみやすく言いやすい(?)ファーストネームの部分だけが残ったのかも?なんて、さらに想像してしまいました。

それに、もしそういうことだったのなら、中国に同じフルーツを指す2つの言葉、朱欒と文旦があった理由も納得できます。1つは中国で付けられた名前で、もう1つは外来語だったという。野球とベースボールみたいな。

何か個人的にかなりスッキリしたので、私の中ではもうこのmy説でいいかなと思いました……

「朱欒」「ざぼん」について

2つ前の記事で、江戸時代に書かれた「阿波志」・「阿波誌」の、柑橘類に関する記事を引用しました。

ざぼん 郷名ケムス又の名サブム、橙に似て大

 即ち仏手柑

宜母子 郷名スダチ、柚に似て小、以て酢に代るべし

橙 郷名ダイダイ

橘 郷名カウジ やや小なるもの和名タチバナ、最小にして黄のものを金柑と呼ぶ 越志に所謂金棗、恐らく是(越は支那の国名)

邏柚 郷名ハナユ

(「阿波誌」、「阿波志」の名東郡の項より 表記を一部改変して引用)

よく分からないところが幾つかあります。一番上の「郷名ケムス」について1つ前の記事に書きました。

さて、一番上の「ざぼん」は、「阿波誌」には平仮名でそう書いてありますが、元の「阿波志」には「朱欒」と漢字で表記されています。

朱欒は、日本語読みで「シュラン」、中国語読みでは「ヂュ ルゥァン」と読むそうです。欒は団欒の欒で、丸いという意味なんですって。一方、ざぼんというのはポルトガル語のzamboaが由来なのだとか。つまり、中国語表記をポルトガル語で読ませているということ。

なぜそんなふうになったのでしょう? ちょっと不思議です。

果物の実物はポルトガルから入ってきて、「これが舶来のザボンというものらしいよ」「よし育ててみよう」なんて、国中に広まった後で、学者さんが中国の図鑑を探して、「おお、これは中国の図鑑にある朱欒だ」と気が付いたとか、そんなことでしょうか。

 

「文旦」というのも中国語のようですが、中国の人は朱欒と文旦をどう区別していたのでしょう。今では全て1つの同じ果物Citrus maximaを指すようです。

「カブス」「カブチ」について

1つ前の記事で、江戸時代に書かれた「阿波志」・「阿波誌」の、柑橘類に関する記事を引用しました。

ざぼん 郷名ケムス又の名サブム、橙に似て大

 即ち仏手柑

宜母子 郷名スダチ、柚に似て小、以て酢に代るべし

橙 郷名ダイダイ

橘 郷名カウジ やや小なるもの和名タチバナ、最小にして黄のものを金柑と呼ぶ 越志に所謂金棗、恐らく是(越は支那の国名)

邏柚 郷名ハナユ

(「阿波誌」、「阿波志」の名東郡の項より 表記を一部改変して引用)

よく分からないところが幾つかあります。

まず一番上の「ざぼん」の項。ざぼん=ブンタンですが、郷名「ケムス」とは何でしょう? もしかして「カブス」が訛ったのかな?と思いました。橙に似ているともありますし。ブンタンがダイダイに似ているとは思えませんが、それはさておき。

広辞苑カブスの項には、カブスはダイダイの一種とあります。ダイダイの中には「カイセイトウ」(回青橙)と「シュウトウ」(臭橙)があり、後者がカブスに相当するらしいのです(公益財団法人中央果実協会)。

ところが別の辞書によれば、臭橙(カブチ)=マルブシュカン。

インターネットを見ていると、愛媛の八幡浜では、「われわれのカブスはダイダイとは違う、カブスカブスである」と感じている人もおられるようで、謎は深まるばかり。

そこで、日本方言辞典を見てみました。その「かぶち(臭橙)」の項によれば、次のとおりです。

「かぶち」とは……

1.だいだい(橙)を指す

『かぶち』三重県志摩郡、和歌山県西牟婁郡日高郡

『かぶす』長門、周防。日葡辞書Cabusu 蜜柑、レモンの一種、その果実のなる木

『かぶつ』伊豆八丈島、伊豆賀茂郡、東京都伊豆諸島

『がぶつ・がごつ』伊豆八丈島

『ごぶつ・こーぶつ』長崎県五島

2.ゆず(柚)を指す

『かぼす』大分県一部、宮崎県一部

3.ぶんたん(文旦)を指す

『かぼそ』大阪府一部

4.さんぽうかん(三宝柑)を指す

『かぶす』愛媛県一部

(日本方言辞典上巻より一部改変して引用)

ダイダイ以外に、地域によっては、ユズ、ブンタン、サンポウカンが「カブス」的な名前で呼ばれることがあるようです。

カブスは「柑子」の転訛という説もあります。古くは柑橘類一般を指していたのでしょうか。今の「みかん」という言葉のように。

 

「すだち」(酢橘)のルーツ

もうすぐサンマの時期です。サンマといえばスダチ。その遺伝的なルーツについての覚え書きです。

1.スダチは「カボス」の異母きょうだい。共通の父親(花粉親)がユズ。

ここまではっきり分かっていたとは!

2.カボスの母親は「クネンボ」。一方、スダチの母親は不明。

クネンボは東南アジア原産、ミカン科の植物で、日本には室町時代琉球経由で入ってきたもの(Wikipediaより)。断面の写真はダイダイっぽいなぁと思いました。

日本に入ってきてから在来種と混ざって、温州ミカンとか、ハッサクとか、もっとおいしい子孫がたくさんできたので、それ自体を食べることは少なくなってしまったみたいです。

カボス同様、クネンボ(種子親)×ユズ(花粉親)の組み合わせでできた、カボスの兄弟あるいは姉妹が4つ見つかっています。

  • 「ジャバラ」和歌山の特産品。"ナリルチン"という成分が花粉症に効くというので有名。
  • 「モチユ」(餅柚)高知、四万十川流域の特産品。"ぶしゅかん"と呼ばれていて、赤身魚に絞ると美味しいらしい。
  • 「ヘンカミカン」
  • 「キズ」(木酢)九州の特産品。

どれも食べたことがないばかりか、生の果実を見たことすらないのが残念です。

3.スダチの直接の母親は不明。

2016年に、日本の柑橘類を、メジャーな温州ミカンなどから、クネンボなど古いものや、ジャバラなど"知る人ぞ知る"といったものまで含めて、相当数を集めて調べた結果が出たのですが、直接の母親(種子親)は見つからなかったみたい。ちょっとがっかり、でも何だかミステリアス。

4.スダチの母親には、「ブンタン」(文旦)や「コウジ」(柑子)が関与している可能性がある。

スダチの細胞質のDNAはブンタンと共通している」という研究結果(1993年)と、「コウジと共通している」という研究結果(2016年)があります。

いずれにしても、どちらも直接の親というわけではないらしく。人間でいうと、"ミトコンドリア・イブ"が直接の親じゃないのと同じ?

2016年のほうに、コウジ型の細胞質DNAは「タチバナ」ともよく似ているので、スダチ、コウジ、タチバナは、祖先に共通点が多いか、祖先が共通しているのかもしれない的なことが書いてあるみたいなんだけど……よく分かりません。ちょっと難しすぎてお手上げです。一説によるとコウジの花粉親はタチバナだそうで、ますます混乱。

でも、コウジ、タチバナ、ユズ(、ブンタン)などがお互いに受粉し合って、親子になったり兄弟になったり、いろいろしてるうちに、いつの間にかスダチになったっていうことなのかな?

酢橘と名が付いているぐらいだから、土地の人は橘の一種だと思っていたのでしょうか。見た目が似ているとかで。橘も柑子も自分で見たことがないのが残念です。でも、脱線しますが、橘と温州ミカン?マンダリン?が交雑してできたといわれている三重県の「新姫」は、ぱっと見はスダチにそっくり。

 

ちなみに、スダチにユズを掛け合わせてできた、「阿波すず香」という新種があります。スダチが母親(種子親)、ユズが父親(花粉親)。味・香りは両方の特徴があるそうです。見た目はかなりユズっぽくなっているのに驚きました。

 

とりとめもない感じになってきましたが、最後にもう一つだけ。江戸時代に書かれた「阿波志」という古文書に出ている、名東郡の特産品にミカン類がたくさん入っていたのでそれをメモしておきます。

ざぼん 郷名ケムス又の名サブム、橙に似て大

 即ち仏手柑

宜母子 郷名スダチ、柚に似て小、以て酢に代るべし

橙 郷名ダイダイ

橘 郷名カウジ やや小なるもの和名タチバナ、最小にして黄のものを金柑と呼ぶ 越志に所謂金棗、恐らく是(越は支那の国名)

邏柚 郷名ハナユ

(「阿波誌」、「阿波志」より 表記を一部改変して引用)

名東郡は今の佐那河内村に相当し、今でもたくさんスダチが栽培されているそうですが、昔からミカン類の産地だったのですね。

方言にまつわる雑記

私は子供の頃何回か引っ越しをしたので、例えば博多弁、京都弁、青森弁、みたいな、典型的な方言を話せません。東京式のアクセントで話していると自分では思っていますが、たぶんいろいろ混ざっているんだろうと思います。

最近、いろいろな地域の人の話し言葉をじっくり聞く機会がたくさんあって、よくよく聞いてみると、方言っていうのは抑揚や語彙だけじゃないんだなぁ…としみじみ感じます。その土地に特有の母音、子音、リズム、発声、有声音、無声音みたいな微妙な要素が基礎にあって、そこに抑揚・語彙が乗って完成しているんだなぁ……と。

だから、映画やドラマ、アニメなんかで、方言が出てくるときに、その土地出身の俳優さんや声優さんを起用するのは、やっぱりすごく大事なことなのかな…とも思いました。地元を離れたり共通語に直したりして、そこに住んでいたときのようには話せなくなったとしても、どこか残っている部分もあって、そういう部分っていうのは、他地方の出身者が真似するのはとても難しいんじゃないかと思うから。

そういえば先日TV放映された「この世界の片隅に」、すずさん役の"のん"さんは兵庫県出身、周作さん役の声優さんは地元の広島県出身でした。さすが~!と思いながら堪能しましたが、地元の人から見てどうだったんでしょう。

過去のアニメ作品で方言が完璧といわれてるのは、故・高畑勲監督の「じゃりン子チエ」と「火垂るの墓」だそうです。(他にもあったらすみません。)

つまり、逆に考えると、作品中で方言を再現するってすごーーく難しいことなんだろうと思います。もともとが仲間内の言葉だから、その"場"を出たら出てきにくいものなんでしょう。高畑監督の作品には、そういう場がちゃんとあったんだろうなとも思います。

方言を扱ったアニメ作品で、個人的に勿体なかったなぁ…と思っているのが、実は、こちら。「うどんの国の金色蹴鞠」です。

香川県出身の声優さんがほぼほぼ東京弁をしゃべり、関東出身の声優さんががっつり讃岐弁をしゃべるというカオスな作品です。

讃岐弁は少し知っていることもあって、結構楽しみに見ていたのですが、残念というか何というか忸怩たる思いでした。確かこの作品は、他にも何人か四国や九州出身の声優さんを起用していたと記憶していますが、一番讃岐弁をしっかりしゃべってほしかったキャラクターの中の人が関東人だったんです。そうはいってもさすがプロの声優さん、抑揚は再現されていたと思います。でも土台がやっぱり違うような気がするんですよね…。本当にすみません。中の人・杉田智和さんの母語は埼玉の山間部(秩父辺り?)の言葉のようですが、それが讃岐弁とは相当距離があった、違っていたっていうことなのかもしれません。それでも「好きやったんぞ」なんていうローカルな言葉が聞けたのはとても嬉しかったです。ちょっと古風な感じもする独特の言い回しですが、声の雰囲気がぴったりで懐かしくなりました。

一方の、香川出身の声優さん、中村悠一さんは、方言を矯正してしまったので讃岐弁は話せないと言いながらも、やっぱり母音の強い関西の人の話し方だと思いました。なので、抑揚がハマると、おおっ!となります。それから、普段の東京弁の中でふとアクセントが変わる箇所が幾つかあって、それは本当に土地の人じゃないと出せない味だなぁと思いました。しかし、いかんせん少なすぎてマニアとしては物足りなかった…。

関西出身の声優さんは、共通語に矯正するために、抑揚・アクセント・語彙を直すだけでなく、母音を弱める訓練をするそうです。例えば「~です」を「~desu」という関西風の言い方でなく、「~des」と東京風に直すような。これが大変なのだとか。そうでしょうね。東京風に話していて、逆にdesからdesuに直そうと思ったって、直る気がしません。

で、いったん矯正してしまった母音をまた元に戻すっていうのも難しくて、それは(短期間には?)できなかったというようなことを、確か中村さんが別作品に関連して言っていたと思うんです。至極残念。

 

ところで、全く話は変わりますが、方言にまつわる長年の疑問が今日2つ解けた…かもしれません。それで日記を書こうと思い立ったのでした。

1つは祖母がよく使っていた言葉。「そろそろ寝ようか」っていうのを「~寝ろうか」、「さあ食べよう」を「~食べろう」など。祖母以外は使っていなかったこともあって、聞くたびに不思議な言葉だなぁと何となく気に掛かっていました。

単に「よ」が「ろ」に訛ったのかと思っていたら、実は、これは「下一段活用の五段活用化」という現象で、驚いたことに、九州の「寝らん」と同じ原理なのだそう。祖母は「寝らん」とは言いませんでしたが。

一段活用の五段活用化とやらが認められる地域を日本地図に示したものも見つけました。九州から東北まで割と広く分布していて、それもびっくり。中央から遠い地域では文法のルールが緩みやすいのでそうなるらしく、こういうのは「逆周圏的」というんですって。でも、祖母の住んでいた地域はなぜか入っていませんでした。そこではマイナーな言い方だったのかもしれません。

もう1つは、たまにいませんか? 日本語のハ行を英語の「f」みたいに発音する人。これは、ハ行がp→Φ→hと変化してきた、その名残なのだそうです。ハ行はΦで発音する地域がまだ残っていて、hへの変化は現在進行形で進んでいて、その過程でfになることがあるのだとか。なるほど!

祝再放送「きのう何食べた?」

きのう何食べた?」の再放送が始まって、見逃していた1話をやっと観られました! CMまでコラボっぽくなっていてちょっと得した気分です。

シロさん役の俳優さんは、原作よりずいぶんアッサリしているというか、クセがないというか、何というか、そういうモヤモヤが最初はあったのに、いつの間にか気にならなくなっていました。

ちょっと調べてみたら、西島さんって元・理系男子なんですね。そう思うと、キッチンが何やら実験室に見えてきます。料理との親和性が高いのはそういうこと?と、勝手に納得。実直というか、情緒が……ゴホンゴホン。という辺りも、何だか深く納得。1話ラストのアドリブらしき部分にもそれが表れていた感じがして面白かったです。

1話と最後の12話ではやっぱり雰囲気が違うのかな?と思ったら、意外にもそんなことなくて、ベテラン俳優さんの安定感を感じました。

毎回出てくるベターホームみたいな「きょうの料理」みたいな「かんたん美味」みたいな、ああいう家庭料理の良さも再確認できて、とにかく心の洗われるひとときでした。

なんて、綺麗に書いてみても、天井になりたいとか植木鉢になりたいとかいう邪念は消せないのでした……。(遅ればせながらやっとどういうことか分かった)

「きのう何食べた?」

きのう何食べた?」のTV版が、あと1回で終わってしまうなんて……orz

取りあえずドラマが始まった頃、1・2巻が無料になっていたのを読んで、それからTVを見て、シロさんは原作のほうが素敵かも?なんて思っていたのですが、いつの間にかすっかり嵌ってしまって。

全部買おうかなぁと思っていたけれど、続編が放送されるなら、コミックスを読まないほうがいいかなぁ……と悩んでいます。

「君が戦争を欲しないならば」

高畑勲さんの「君が戦争を欲しないならば」を読みました。講演の書き起こしで、とても短くすぐに読めます。

君が戦争を欲しないならば (岩波ブックレット)

君が戦争を欲しないならば (岩波ブックレット)

 

日本人の和を重視する考え方は戦後も全く変わっていなくて、いったん戦争が起きてしまえば大多数の人は協力せざるを得なくなるだろうという部分が特に印象的でした。

それから、戦後、日本の国民が自分たちで戦争責任を追及しなかったことが今につながる問題になっているというのは、小澤俊夫さんも全く同じ事を書いていたので…暗澹たる思いになりました。

「空気」とか「流れ」というワードの威力には私も驚くことがあります。実体がないような言葉なのに、表面上は説得力というか問答無用の圧力を持つのが不思議で。なるべく使わないように、使うにしてもよく考えないと……と思いました。